DEN IP Solutions Co., Ltd.

    (デン アイピーソリューションズ)

    東京都世田谷区池尻3-19-1 i.oビル 10階

お気軽にお問合せください

03-6450-8490

コラム

当社のちょっとした話を、コラムでお届けします。

(知的財産には関係しないかもしれません)

弊社の名刺

 

当社の名刺は、通常よりも少し厚い紙を使っています。コストも若干ですが高めです。

 

不要なコストは徹底して削減する当社ですが、なぜそのような名刺になったのか、今回のコラムにしてみたいと思います。

 

会社を設立して間もなく、ロゴも出来上がり、名刺をスタッフにお願いしました。シンプルなデザインが良かったのでプロのデザイナーに依頼するまでもなく、テンプレートや今まで頂いた名刺を参考にしつつ、自分でレイアウトしてくれました

 

名刺は、ご存知のように、紙によって印刷代が異なります。

「少し高めですがこの紙にしてみたい」というスタッフ。そして、名刺はできるだけコストを削減したいと思う私(菊地)

 

「ノーマルな紙でいいのでは」と言う私に、どこか腑に落ちない様子のスタッフ。

 

打ち合わせが終わった後、スタッフがもう一度アプローチしてきました。

「名刺は、お客様に届ける最初のプロダクトであること」

「名刺は、単なる消耗品ではなく、お客様など差し上げた先の手元に残るものであること」

などなど、想いを語ってくれました(この数行では書ききれない位に・・・)。

 

とにかく、お客様などに差し上げるものなので、より良い物を作りたい、という気持ちが満載でした。

 

「細部にこだわって、いい物をお客様に提供したい」

このように考えて名刺作成の仕事をしていたと思うと、とても頼もしくなりました。

 

名刺の紙をどれにするかに関わらず、この気持ちはこれからも大切にしたい

当社は、「いい物をお客様に提供したい」という気持ちをメンバーが共有してできた会社です。これから新しく入ってくるメンバーにも、この気持ちを共有化したい。

 

こうして、当社の名刺の紙はスタッフが推奨した少し厚い紙になりました。

 

そして、当社では、

「名刺は、お客様に届ける最初のプロダクトであること」

と考える文化が生まれ、

「細部にこだわって、いい物をお客様に提供したい」

と考えて作られたことを社内で共有するようになりました。

 

高級な紙を使っているわけではありませんので、そんなに変わらない、と言えばその通りかもしれません。

 

けれども、いい物をお客様に提供したい」という気持ちがこもった名刺という点では、他のどの翻訳会社にも負けません。

 

こういう気持ちで仕事をするスタッフは、これからも良い仕事をしていく気がして、

仕事を任せてみたくなりました。

名刺、すぐに捨てずに、是非、名刺ホルダなどで取っておいてくださいね。

 

2015 June, DEN-IP, 菊地公一

 

DENブログ
(オフィシャルブログ)

お問合せ

お問合せはお気軽に

03-6450-8490

メール(問い合わせフォーム)でのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールのお問合せはこちら

当社代表のご紹介

代表:菊地公一

「外国特許ならDEN IP」と言われるよう、質の向上・安定化、供給体制の整備を進めて参ります。